楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすい人と落ちやすい人の違いとは?

投稿日:

楽天銀行カードローン審査は甘いのか?
楽天銀行スーパーローンの審査を受ける際は、「審査に通りやすい人と落ちやすい人の違いを知っておきたい!」このような人が多いかと思います。

そこでこの記事では、楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすい人と落ちやすい人の違いをわかりやすく解説してみました。

この記事をお読み頂ければ、あなたが楽天銀行スーパーローンの審査に通過できそうなのかの判断が可能です。

楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすい人と落ちやすい人の違い

楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすい人と落ちやすい人の特徴をまとめると、次のようになります。

審査に通りやすい人の特徴 審査に落ちやすい人の特徴
年収が高い
収入が安定している
信用情報が綺麗
他社借入が少ない
住宅ローンや家賃の負担額が少ない
年収が低い
収入が安定していない
信用情報に傷がある
他社借入が多い
住宅ローンや家賃の負担額が多い

それぞれの項目については、次章より詳しく解説していきます。

年収

年収が高い人ほど返済に使えるお金も多いと見てもらいやすいため、審査に有利となります。

逆に年収が低いと返済に使えるお金が少なくなる傾向が強いため、審査に不利です。

ただし、カードローンの審査は年収の高さよりも次に解説する「収入の安定性」のほうが重要です。

そのため、年収が低い人でも諦める要はありません。

収入の安定性

楽天銀行スーパーローンの返済は毎月していかないといけないため、収入の安定性が非常に重視されます。

収入の安定性とは、「この先も毎月継続して収入が得られるか?」という部分です。

よって、公務員や大手企業の正社員など、簡単に収入を失わない職業に勤めている人ほど審査に有利です。

逆にアルバイトやパートなど、すぐに辞めることができるような職業の人ほど審査では不利となります。

また、勤続年収が長い人ほど「収入の安定性が高い」と見てもらいやすいです。

勤続年収が長い人はおなじ職場に留まる傾向が強く、これから先も現在の収入が得られる可能性が高いからです。

信用情報

楽天銀行スーパーローンの審査では「信用情報」の確認があります。

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの利用記録です。

信用情報に「延滞記録」や「事故情報」などの問題がない人ほど、審査に有利です。

それに対して、信用情報に問題がある人は審査落ちの原因になりやすく、審査に不利となってしまいます。

他社借入

楽天銀行スーパーローンの審査では「他社借入がどのくらいあるか?」という点を確認されます。

他社借入とは、おもに次の4つの「無担保ローン」を指します。

  • カードローン・キャッシング
  • フリーローン
  • クレジットカードのキャッシング枠

上記の借入額や借入件数が少ない人ほど、返済に使えるお金が多いと見てもらいやすいため、審査にも有利になりやすいです。

逆に借入額や借入件数が多い人ほど、返済に使えるお金が少なく「これ以上融資すると返済できなくなる恐れもある」と判断されやすいため、審査に不利です。

住宅ローンや家賃の負担額

楽天銀行スーパーローンの申込時には、「住宅ローンや家賃の負担額」を記入する項目があります。

そのため、住宅ローンと家賃の負担額も審査に影響がある可能性が高いです。

住宅ローンと家賃の負担額が少なければ、返済余力を多く見てもらいやすくなるため、審査に有利に働きやすいです。

逆にそうでない人ほど、返済余力を少なく見られてしまうため、審査に不利になる可能性があります。

楽天会員ランクによっても審査に通りやすいor落ちやすいがある!?

楽天銀行スーパーローンの公式サイトには、「楽天会員ランクによって審査優遇」という記載があります。

(出典:楽天銀行「カードローン」

このため、楽天会員ランクの高い人ほど、審査になんらかの優遇措置があるのは間違いありません。

ただし、楽天会員ランクが低くても審査に落ちやすくなるようなことはないので安心してください。

楽天会員ランクが高ければ審査優遇があるだけであって、楽天会員ランクが低くても審査に悪影響があるわけではないからです。

借入希望額によっても審査に通りやすいor落ちやすいがある!?

「カードローンの審査は借入希望額を少なくすれば通りやすくなる」このような情報を耳にしたことはないでしょうか?

しかし、これはまったくのデタラメです。

楽天銀行スーパーローンのようなカードローンの審査は、借入希望額で合否を決めているわけではありません。

申込者の返済能力と信用で合否を決めているのです。

限度額も申込者の返済能力と信用で決まります。

よって、借入希望額を少なくしようが多くしようが審査の内容は変わりません。

また、審査で決まった限度額が借入希望額に届かない場合でも、審査には通過可能です。

たとえば、借入希望額60万円を希望して、限度額30万円になった場合ですと、30万円での契約ができます。

その逆に借入希望額が20万円でも、限度額100万円までOKというように多めに契約できることもあります。

そうしたことから、借入希望額で審査に有利or不利はでてこないと知っておきましょう。

健康保険証の種類によっても審査に通りやすいor落ちやすいがある!?

所持している健康保険証が、「社会保険だと有利」「国民健康保険だと不利」このような情報もあります。

しかし、健康保険証の種類によって審査が有利になったり、不利になったりすることはありません。

健康保険証は、単に勤務先の確認の判断材料として使われるケースが一般的です。

たとえば、正社員なのに国民健康保険だとおかしいため、申込情報に不備や嘘がある可能性があります。

このように、健康保険証の種類は勤務先を確認するためのものにしかすぎないため、種類によって審査に影響がでることはありません。

楽天銀行スーパーローンの審査に自身がないなら大手消費者金融もおすすめ

ここまで審査に通りやすい人と落ちやすい人の特徴をお伝えしてきましたが、お金を借りたいのに「自分は審査に通りそうにない・・・」と自身を失ってしまった人もいるでしょう。

そうした場合は「大手消費者金融」を検討するのもおすすめです。

大手消費者金とは次の5社を指します。

会社名 金利 限度額
アコム 年3.0%~18.0% 最大800万円
アイフル 年3.0%~18.0% 最大800万円
プロミス 年4.5%~17.8% 最大500万円
SMBCモビット 年3.0%~18.0% 最大800万円
レイクALSA 年4.5%~18.0% 最大500万円

大手消費者金をおすすめする理由は「上限金利(一番高い金利)」の違いによって、審査難易度が下がる可能性があるからです。

大手消費者金の相場が「年18.0%前後」と、楽天銀行スーパーローンの「年14.5%」よりも高いです。

カードローンの審査難易度は上限金利が高いほど下がる傾向があるため、大手消費者金融のほうが審査に通過するためのハードルが低い可能性があるのです。

このため、楽天銀行スーパーローンの審査に自信がないときは大手消費者金融を検討してみるのも手です。

楽天銀行スーパーローン審査まとめ

今回の記事をまとめると次のとおりです。

楽天銀行スーパーローンの審査に通りやすい人と落ちやすい人の特徴

審査に通りやすい人の特徴 審査に落ちやすい人の特徴
年収が高い
収入が安定している
信用情報が綺麗
他社借入が少ない
住宅ローンや家賃の負担額が少ない
年収が低い
収入が安定していない
信用情報に傷がある
他社借入が多い
住宅ローンや家賃の負担額が多い

審査に有利不利が明確につかないケース

  • 楽天会員ランクの高ければ審査優遇があるが、低くても審査に影響はない
  • 借入希望額で審査に有利or不利がでることなない
  • 健康保険証の種類によって審査に有利or不利がでることなない

楽天銀行スーパーローンの審査に自身がないときの対処方法と理由

  • 大手消費者金融への申し込みをしてみる
  • 大手消費者金融は上限金利が高い分、審査のハードルが下がる可能性があるから

-楽天銀行スーパーローン

Copyright© プロミス審査は学生でも即日借りれる?親バレせずにすぐに50万円借りる方法! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.